個人信用情報によっては属性が正社員であっても審査落ち?

キャッシングの審査において、誰もが「正社員なら通るだろう」と考えると思います。それもそのはず。アルバイトやパート、派遣社員や契約社員と比べると、正社員の肩書は世間的も強く、ならばキャッシングの審査も簡単に通るだろうと考える人がいるのは当然です。

 

しかし、正社員でもキャッシングの審査に落ちるというケースがあるのです。キャッシング業界は本人がどんな形態で働いているかも重要ですが、それ以上に個人の借入状況や過去の返済において事故がなかったかなどを見ます。

 

年収が低いのに希望限度額が大きい

まず、正社員であっても本人の年収が低いのに、希望する限度額が大きいと審査に落ちる場合があります。そこには「総量規制」の壁があります。

 

総量規制はキャッシングのことを調べたことがある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、申し込みをしてきた本人の年収の3分の1までしか貸せないという決まりであり、これに引っかかっていると審査に落ちることがあります。年収300万円なのにいきなり100万円の融資申し込みをしたらまず落ちるでしょう。

 

希望限度額と審査について

もしあなたが100万円という希望限度額で審査申し込みを出したとしましょう。すると、業者側は「こんなにいきなり多額の融資申し込みをしてくるということは、何か理由があるのか」と思われてしまい、落ちることがあります。

 

それに、最初は30万円など、低い金額で申し込むところを、いくら総量規制内だからといって100万円もの融資希望を出したら、何の実績もない人には貸せないということになり、融資は断られるでしょう。つまり、審査には落ちます。

 

勤続年数

正社員でキャッシング審査が落ちるケースのひとつとして、勤続年数が関係する場合があります。正社員でも入ったばかりの新入社員だったりすると、勤続年数が関係し、若い社員だと審査落ちするということがあるのです。自分としてはきちんと働いているから通ると思っている人もいるでしょう。

 

しかし、業者からすると「返済能力の有無」だけを見られるため、個人の事情などは一切関係なくなるのです。勤続年数が短ければ、たとえ正社員でも信用度は低いということになります。ということは、キャッシングを問題なくできる人というのは、正社員でしかも数年間働いている人のみということになってきます。アルバイトでもカードは作ることができますが、申込金額によっても違ってくるので、その場合はケースバイケースです。

 

現在の借り入れ金額などが多い場合

 

借入件数は厳しく見られる

キャッシングの新規借入をするにあたり、厳しく見られるのは現時点での借入件数です。もし正社員でも債務整理を一度行ったことがあり、現在も債務整理中であったりすると、審査を申し込んでもまず通りません。それはいわゆる「ブラックリスト」に載っているからです。

 

多重債務者はより厳しく見られ、信用度はガタ落ち

多重債務者であったならば、信用度はさらに落ちます。一般人が「この人は多重債務者です」と紹介されたら、まず疑いの眼差しで見ることでしょう。それとともに、その人個人に対する信用度は最初からマイナスの状態から始まることは間違いありません。口には出さなくても、心のなかでは軽蔑しているかもしれません。

 

キャッシングにおいてもこの理論は同じです。業者からすると、「この人はいくつもの金融業者からお金を借りた挙句、多重債務に陥った」と見るため、そういう人にお金を貸すことはしません。中にはブラックリストに載っていてもお金を貸してくれるところも中小の金融業者なら存在する可能性はありますが、それでも確率的には小さいものです。それだけ、多重債務者に対する世間の目、金融業者の目は厳しいものであるということを肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

個人信用情報機関にこれまでの事故情報が記録されている場合

過去に返済トラブルなどを起こした人は、個人信用情報機関にその情報が記録されています。

 

この情報はどんな金融業者も見ることができるため、いくら隠そうとしても無駄です。事故情報が記載されていた場合、いくら正社員だろうと審査落ちする理由となります。

 

ブラックリストに載ったら借り入れ不可

こうした事故情報の記録は単にキャッシングに留まりません。自己破産や個人再生といった情報から、携帯電話料金の度重なる延滞、奨学金の返済遅れなど、こうした情報が重なると、ブラックリスト入りしてしまいます。正式に「ブラックリスト」というペーパーがあるわけではなく、個人信用情報機関に事故情報が登録された時点で「ブラックリスト入りした」と表現するのです。

 

いちど ブラックリストに登録されたら、5年から10年間はその情報は消えません。日本にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターという個人信用情報機関がありますが、JICCとCICに記録される年数は5年、全国銀行個人信用情報センターには10年間、自己情報が記録されるため、片方の記録期間が消えたからといってもう片方の記録が残っているため、新たな借入ができないということもありますので、注意が必要です。

 

基本的に、一度ブラックリストに載ったら、向こう10年間はキャッシングの新規借入は絶望的だと思ってください。それは正社員でもその他の雇用形態でも同じことです。