まずは本人確認ができる書類を

キャッシングの申し込みの際には、条件によって用意するものがありますが、さしあたり小額の融資をすぐに受けたいというのであれば本人確認書類のみで借りる事ができます。

 

すぐに借入れしたい!オススメのカードローン
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

絶対に必要なのは本人確認書類

消費者金融でも銀行でも、キャッシングの申し込みをするのであればまず本人確認書類は絶対に必要です。本人確認書類としては、一番手軽なのは運転免許証ですが、その他にも健康保険証やパスポートなども身分証明書として利用する事ができます。

 

それらの証明証に記載されている住所と、申込時に住んでいる所の住所が違う場合には、住民票の提出も合わせて必要になります。10万円ぐらいまでの融資を希望するのであれば、本人確認書類のみで十分融資を受けられますので、キャッシングを申し込む時にはまず本人確認書類を用意するようにしましょう。

 

収入証明書

収入証明書とは、会社から発行される源泉徴収票、給与明細書、各種税額証明書、確定申告書などがあります。会社員の方であれば源泉徴収票が用意しやすいかもしれませんし、勤務し始めてからまだ1年経っておらず、源泉徴収票が用意できない方であれば直近数か月分の給与明細書でも大丈夫な場合があります。
消費者金融では直近2か月分でいい場合がほとんどです。

 

収入証明書を提出しなければならないケース

収入証明書はどこでキャッシングを申し込むかによっても準備するかどうかの基準が違います。

 

消費者金融の場合

消費者金融でキャッシングを申し込むなら、希望する限度額が50万円以上、もしくは他社からの借入総額と希望限度額の合計額が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要です。消費者金融や信販会社など、銀行意外の貸金業者には総量規制という法律で決められたルールがあり、融資は年収の3分の1までとなっています。

 

おまとめローンは総量規制の対象外なので、消費者金融であっても年収の3分の1までとは限りませんが、通常のキャッシングであれば限度額以上の融資は不可能となっているので、高額融資になると収入をきちんと証明する必要があるのです。

 

銀行の場合

銀行カードローンでも収入証明書の提出が必要になる限度額がありますが、その額はそれぞれの銀行によってまちまちです。低いところで100万円、高いところで300万円以上の融資を希望する場合には収入証明書の提出が必要になりますが、消費者金融に比べるとどこの銀行も限度額の設定は高くなっています。

 

銀行だと収入のない専業主婦でも融資が可能ですが、配偶者に安定した収入がある事が条件になっています。限度額は30万円までとなっている銀行がほとんどのため、配偶者の収入証明書を提出する必要はやはりありません。

 

個人事業主の場合

個人事業主の方の場合、希望限度額の大小に関係なく収入証明書を提出しなければなりません。キャッシングの審査の材料となる属性のうち、実際どうであれ個人事業主は最も収入が不安定と判断されてしまいます。

 

そのため、たとえ収入に余裕があったとしても確定申告書を証明書として提示する必要があるのです。審査を申し込む金融機関にもよりますが、審査に不安があるようなら過去数年分の確定申告書の控えも用意しておくといいでしょう。

 

在籍確認のかわりとして

キャッシングの審査には原則として勤務先への在籍確認があります。これは担当者が直接勤務先に電話をして、本当に申込者本人がその会社に在籍しているのかを確かめるために行います。借金を返済するためには、そのための収入がなければならないので、そこを確かめるのはとても重要な事で避けて通る事はもちろんできません。

 

それでも、即日キャッシングを希望して申し込みをした日時が勤務先の営業時間外だったりすると、その場で電話確認を取れないというケースもあります。また、消費者金融の在籍確認では業者名を名乗りませんので、個人的な電話としてかける事になります。

 

そうすると会社によってはうまく本人に取り次ぐ事ができないという場合も出てくるので、在籍確認が困難になってしまいます。そんな時に在籍確認の代わりとして会社から発行されている書類として、収入証明書や社会保険証等を提出するよう求められる場合もあります。

 

同意書が必要なケース

キャッシングは無担保、無保証人なので、申し込む本人に収入があれば融資を受ける事ができるのですが、専業主婦や学生などの立場の方が申し込む場合には、配偶者や親の同意書が必要になる事もあります。

 

専業主婦

専業主婦のキャッシングは銀行のみの取り扱いですが、配偶者の同意書なしで融資可能な場合とそうでない場合があります。

 

学生

学生でも銀行だと親権者の同意書が必要になる場合ばありますが、消費者金融や多くの銀行カードローンで年齢と安定収入の条件さえ満たしていれば普通に審査を申し込む事ができます。

 

婚姻関係を証明しなければならない場合

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、配偶者の同意や確認等一切なしでいいとしても、配偶者との婚姻関係がきちんとあるという事を証明する必要はあります。

 

その際は住民票を提出する事になりますが、銀行によってはそれもなしで融資可能な場合もあります。