限度額を上げるには

身の丈にあった借り入れをすることができるのは、限度額という設定があるからです。自分で好き勝手に限度額を設定することができたら、あっという間に多重債務に落ちる人が増えてしまうでしょう。

 

限度額は、個人の収入や職業、勤続年数などといった属性や現在、過去の借入状況などの信用情報に応じて審査されています。たくさん借りたいと思っても、審査によって決めた利用限度額以上は借りることはできません。

 

利用限度額は、各業者によって異なります。アコムは500万円、アイフルは500万円以内、プロミスは1万円〜500万円、モビットは1万円〜800万円となっていますが、総量規制によって年収の3分の1までしか借りることができないようになっています。

 

キャッシング会社の初回限度額と実質年利は、審査で決まります。キャッシング会社は、契約者が支払う利息によって利益を得ています。そのため元金が高額になるほど、利息も増えますので、なるべくたくさん、長い期間借りて欲しいと考えます。

 

しかし、総量規制と属性に見合っていない希望額を申請している場合は、希望額よりも低い限度額しか融資枠をもらえません。キャッシングの審査では、書類提出が必要となります。本人確認書類の提出の他に、借入希望額が50万円以上の場合は、収入証明書を提出する必要があります。

 

収入証明書を出しても、総量規制以上の借入は不可能となっています。しかし、最初に設定された限度額が最低額の10万円だったら、契約後に増額申請をすることが可能です。申請のタイミングは、契約後半年から1年経ってからでないと、申請しても審査に通らないでしょう。

 

審査に通るためには、定期的な借入・返済が必要です。返済遅延や滞納は1度も行ってはいけません。むしろ、返済日よりも前に返済をしたり、返済金額よりも多めに返済するなど真面目な返済態度を見せる必要があります。

 

利用状況が良ければ

利用状況が良好だと、自分から申請しなくても、業者側から電話やメールで増額のお知らせが届く場合があります。それから、収入の多い仕事に転職したり、正社員の仕事に転職して、自分の登録情報を更新すると、属性が上がって限度額を上げてもらう確率が高くなります。

 

そんなに借り入れをする必要がないと思っている方もいるかもしれませんが、限度額の増枠と同時に金利が引き下げとなる可能性もあります。金利が下がるのであれば、限度額を増額しておいた方が得になる場合もあるということです。

 

特に、限度額が100万円を超える場合は、金利も15.0%となる可能性があります。今まで、18.0%くらいだった金利がいきなり3%も下がったら凄く有利ですよね。

 

結論

限度額が設定されているお陰で借り過ぎになることを防ぐことができますね。