即日融資に強いカードローンの利用方法を解説!

カードローン利用を検討している人の中には、

 

  • 急な飲み会でお金がピンチ
  • 連休中の出費でお金が必要になった…
  • 今日までの支払いが間に合わない!

 

といった状況に見舞われて、今日中にお金が必要になった!という人も多いでしょう。

 

しかしキャッシング初心者の中には、申込みや審査といった手続き段階を踏んでいると今日中には無理かな…と諦めてしまう人も。

 

そこで近年のカードローンは、即日融資に特化したサービスが充実しているんです。

 

今回は突然の出費に備えて知っておきたい即日キャッシングを成功させる方法を解説していきましょう。

 

この記事を参考にすれば、急な金欠にもスムーズに対応できますよ。

 

カードローンの即日融資を成功させるポイント4つ

 

即日融資目的でカードローンを利用する際に、大事なのは審査をスムーズに進めること。

 

そこで重要なポイントとしては、次の4つが考えられます。

 

  1. 希望額は少額
  2. 信用情報に傷がない
  3. 虚偽や嘘をつかない
  4. 即日融資に強いカードローンを選ぶ

 

このように審査を長引かせないための工夫を行うことで、よりスピーディな融資を受けるポイントにつながります。

 

その詳しい内容について、下記で解説していきましょう。

 

希望額は少額

 

はじめに希望借入額は、少額に設定することが大切です。具体的な金額としては、5万〜10万程度。

 

融資額を少な目に設定することで、カードローン会社の審査もスムーズに進みます。

 

初回借入の場合、これまで利用履歴がゼロなので、信頼が薄い状態です。そこで大口の融資を希望すると、カードローン会社側も慎重になります。

 

そうなると審査に大幅な時間をかけるため、即日融資が難しくなってしまうことも。

 

しかし少額であれば、確実に返済してもらえる可能性がより高くなるので、審査もスムーズに進められるのです。

 

総量規制に注意!

 

またカードローン会社では、キャッシングの際に総量規制というものが定められています。

 

これは年収の3分の1までしか融資できない決まりです。

 

たとえば融資額が総量規制を越えている場合、融資を受けることができません。

 

さらに他社カードローンの借入金額も合算されるため、他社の完済が済んでいない人は注意しましょう。

 

信用情報に傷がない

 

信用情報とは、これまでのローンやクレジットカード利用履歴の記録になります。

 

カードローン会社の審査では必ず、この信用情報を開示して、金融事故がないかどうか?をチェックします。

 

ここで金融事故が残っていると、審査が長引いてしまう原因になります。

 

最悪の場合、審査落ちになることも…。

 

実際、記録が残っていると注意したほうが良い項目としては、

 

  • 長期延滞
  • 債務整理
  • 複数他社の借入 など

 

といったものが挙げられます。

 

虚偽や嘘をつかない

 

「はやく審査を進終わらせたい・審査通過したい」という気持ちから、申告情報を偽る人がいます。

 

しかしカードローン会社の審査では、信用情報の開示・在籍確認など申込み者の情報に虚偽がないか?徹底的にチェックを行います。

 

そのためちょっとした嘘でも、すぐに発覚していまうのです。

 

その他にも情報の入力ミスや誤りも、虚偽や嘘と見なされてしまうケースがあるので十分に注意してください。

 

ここで審査をよりスムーズにするためには、嘘偽りなく正確な情報を申告することが大切です。

 

即日融資に強いカードローンを選ぶ

 

即日融資に強いカードローン会社を選ぶときの大切なポイントは、審査と融資の早さです。

 

上記どちらも兼ね備える代表的なカードローン会社は、次の3つ!

 

アコム

最短審査30分審査
最短融資1時間

プロミス

最短審査30分
最短融資1時間

SMBCモビット

最短審査30分審査
最短融資1時間

 

このように申込から借入まで、最短1時間程度で完了できます。

 

今日中にお金を借りたい!と思っている人には、特に注目したいおすすめのカードローン会社といえるでしょう。

 

カードローンで即日融資するなら必ずネット申込み!

 

即日融資を成功させるためには、その申込方法も重要なポイント。

 

各種カードローン会社では複数の申込み方法を用意していますが、中でも一番スピーディーなのがインターネット申込みなんです。

 

このインターネット申込みがおすすめの理由には、次のようなものがあげられます。

 

  • スマホやPCで手軽に申込OK
  • 仮審査と本審査の併用でスピーディー
  • WEB完結申込みは最短30分審査

 

このように、急ぎの融資にも対応できるサービス充実が整っています。

 

また前述で紹介してきた

 

アコム
プロミス
SMBCモビット

 

などは、インターネット申込サービスを導入ため、即日融資に強いカードローン会社という言えるのです。

 

インターネット申込みで即日融資を成功させる方法

 

ここからは実際に、インターネット申込みの手順を確認しながら、即日融資を成功の秘訣を確認していきましょう。

 

まずはインターネット申込みの流れは、次の通り。

 

  1. 公式サイトから申込み
  2. 仮審査
  3. 本人確認書類提出
  4. 本審査
  5. 契約手続き
  6. 借入スタート

 

前述したように、「仮審査・本審査」という2種類の振るいにかけることで、よりスピーディな手続きを進めることができます。

 

もう少し具体的に各手順の内容を解説していきましょう。

 

カードローンの仮審査と本審査ってなに?

 

仮審査・本審査とは、カードローン会社のネット申込みで行われる審査手続きです。

 

では、なぜ2段階の審査を行うことでスピーディーに手続きを進めることができるのか?その理由は、仮審査方法がポイントになります。

 

仮審査はスコアリングで点数化

 

仮審査はスコアリンという方法により、機械で申込者の属性を点数化します。

 

まずネット申込みは、はじめにカードローン各社の公式サイトで次のような本人情報を入力します。

 

本人情報
住所・住居年数
勤務先の情報
希望額
他社カードーン利用状況 など

 

これらの申込み情報をもとに、それぞれの属性を機械で点数化することにより、返済能力について素早く判断することができるのです。

 

点数が高ければ高いほど、審査通過の確率があがります。

 

機械を通して返済能力を判断するため、よりスピーディで正確に審査を進めることができます。

 

本審査は在籍確認チェック

 

仮審査を通過後、本審査で在籍確認の手続きが行われます。

 

ここで行われる確認は、主に次の通り。

 

申込み内容の確認
本人確認
職場に電話して在籍確認

 

このように、申込み者の入力情報に間違いがないか?最終確認を行って問題がなければ、審査通過となります。

 

インターネット申込みには2種類の方法がある

 

実は、このインターネット申込の手続きでは2種類の方法があります。

 

カード申込み型 WEB完結型

口座必要なし
ATMキャッシング
土日・祝日の即日融資OK
カード発行あり
在籍確認の電話あり(書類に変更OK)

口座が必要
振込みキャッシング
土日・祝日の即日融資不可
カード発行なし
在籍確認の電話なし(書類対応)

 

このように、カード申込み・WEB完結といった、2種類の申込み方法を用意するカードローン会社が増えています。

 

2種類の方法を比較してみると、カード申込のほうが即日融資の対応幅が広いでしょう。

 

WEB完結は平日13時までの融資対応!

 

WEB完結は、基本的に振込キャッシングになります。そのため銀行の営業時間にならって、平日の15時までしか融資対応を受け付けていません。

 

しかし一方でWEB完結は、申込みから審査までスマホ一つで完結できます。

 

カード申込みは自動契約機を併用

 

カード申込みは事前にネット申込みを済ませた後、最終的にカード発行手続きをするために、自動契約機に向かう必要があります。

 

その点ATMキャッシングなので、提携ATMで24時間いつでも借入することができます。

 

 

2種類の申込み方法は、それぞれ特徴も異なるので、自分にはどちらが向いているのか?検討してみてくださいね。

 

土日・祝日の在籍確認はどうする?書類対応に変更OK

 

土日や祝日に即日融資を受けたい場合、気になるのは在籍確認の問題です。

 

たとえば会社がカレンダー通りの休みだと、休みの間にカードローン申込みをしても在籍確認の電話が受け取れません。

 

基本的に在籍確認の電話は、受け取れないとなれば審査落ちになるケースもあります。

 

そこで書類対応による在籍確認の変更を検討してみましょう。

 

前述したように、カード申込みでも書類による在籍確認が可能です。その際に必要となる書類は、WEB完結と変わりません。

 

在籍確認の書類対応で用意する物

 

本人確認

・免許証
・パスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード

勤務先確認

・社会保険証
・組合保険証

収入証明

・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・税額通知書
・給与明細書2か月分
※いずれか1点

 

勤務先に嘘・偽りがないか?在籍確認するために、上記を用意するケースがあります。

 

在籍確認の電話がない代わりに提出書類が増えるので、くれぐれも漏れのないように注意しましょう。

 

またカードローン各社各で必要書類が異なるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

 

即日融資で注意すべきポイント

 

まず第一にカーローン利用は、必ず大手を選ぶことです。

 

中には小規模のカードローン会社もありますが安全性を考えると、大手カードローン会社を選んで間違いないでしょう。

 

紹介した「アコム・プロミス・SMBCビット」などは、貸金業法に基づいて運営しています。

 

またどのカードローン会社もメガバンク傘下にあるため、こうした点でも信頼できるポイントに繋がりますね。

 

その一方で小規模のカードローン会社の中には、悪質業者やヤミ金と言われる業者もあります。

 

「ブラックOK・総量規制外OK」といった謳い文句を掲げる会社は、注意しましょう。

 

後々に、高額な利子請求をされた!というようなトラブルに巻き込まれないためにも、メディアなどでよく目にする大手カードローン会社を選択することが安全だと言えますね。

 

お金の使い道にも注意しよう!

 

即日融資の場合、その日に突然お金が必要!といったケースでもすぐに対応できます。

 

しかしその日に借りてしまえるので、次第に利用額が増えて返済が追い付かなくなってしまう人もいるでしょう。

 

そうなるとカードローン返済をするために、他社でキャッシングを行う人も…。

 

こういした自転車操業状態を繰り返してしまうと、そのうち債務整理や自己破産といった取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

 

カードローンの即日融資は非常に便利ですが、一歩間違えると最悪に事態を招きます。

 

まずは、

 

  • どうして今日中にお金が必要なのか?
  • 本当に借入する必要があるか?
  • 計画的に返済することはできるか?

 

といった点を一度冷静に考えてみましょう。

 

今日中に借りられるからいいや!ではなく、しっかりとその後を見越して、行動することが大切です。

 

カードローンのサービスを賢く利用して計画的にキャッシング!

 

カードローン会社の中にはアコムやプロミスのように、無利息30日間を設けるサービスもあります。

 

この30日間以内に完済すれば、実質利息0円となります。

 

カードローン会社で設ける豊富なサービスを利用しながら、無理のないキャッシングを行ってみてくださいね。